トップページ > DOTSU-NET NEWS一覧 >DOTSU-NET NEWS詳細

技術資料、採点書を同時提出/評価点事後審査方式の試行 - 道建設部

 道建設部は、29年度の総合評価ガイドライン改正に向けた最終調整を進めているが、施工実績タイプで試行導入する予定の評価点事後審査(自己採点)方式では、技術資料提出の際に自己採点申請書の提出を求め、開札後、自己採点申請をもとに落札候補者を選定し、選定した者のみの技術資料を確認・審査して、落札者を決定する方式を想定している。夏ころ以降に各建管で数件、試行する考え。試行結果を踏まえ、技術資料提出を落札候補者に限定することや、施工計画審査タイプへの適用も検討していく方針だ。

(DOTSU-NET NEWS 2017/01/10付)