トップページ > DOTSU-NET NEWS一覧 >DOTSU-NET NEWS詳細

仮称 選択マーケット制検討を/工種・等級区分の見直しも/発注者のあり方中間とりまとめ方針案 - 国交省

 国土交通省は、「今後の発注者のあり方に関する中間とりまとめ方針」案をまとめた。企業自ら経営戦略に応じて市場を選択できる「仮称・選択マーケット制」を検討するよう要請。今後の発注標準については、工事内容、技術力、今後の発注量の推移を考慮し、適切な建設市場を形成するため、「工種区分や等級区分の見直しを行うべき」と提案した。維持修繕工事等は、地域精通度と災害対応実績によって選定した参加業者の中から、競争で契約するフレームワーク方式を法的な位置付けを含め検討するよう求めた。

(DOTSU-NET NEWS 2017/11/14付)