トップページ > DOTSU-NET NEWS一覧 >DOTSU-NET NEWS詳細

苫小牧中央インター線の道道認定提案/2㎞弱、測量・設計等着手へ/最短で28年度にも事業化―道建設部

道建設部は、道央道仮称・苫小牧中央インター設置にかかる仮称・苫小牧中央インター線の整備に必要な手続きとして、第2回定例道議会に道道認定の提案を行う。場所は、苫小牧市字高丘で起点が国道276号との交点。終点は道央道との交点となっている。延長は2キロメートル弱、車線数は2車線となる見込み。同部では議了され次第、現地の測量・調査や、図上設計に着手する予定だ。調査や協議等が順調に済んだ場合の最短スケジュールとして、28年度新規事業化への国費要望に際して必要となる、道の公共事業大規模等事前評価に諮ることをイメージしている。
(DOTSU-NET NEWS 2014/06/17付)