トップページ > DOTSU-NET NEWS一覧

DOTSU-NET NEWS一覧

≪ 前の4週間4週前~現在まで表示次の4週間 ≫

最多 網走の33億/本紙集計 3建管で増額/ゼロ国・翌債等建管別発注額

2024-04-22付 DOTSU-NET NEWS

 ゼロ国債や翌債など、ことし1~3月における建管別発注額が、本紙集計でまとまった。年割額を考慮しない発注額ベースの集計で、10建管の合計は485件、217憶3998万円。前年同期と比べ件数は7件増、発注額は7億9582万円減となった。発注額...

22日付で初弾工公告/新営は発注者指定方式を採用/開発局営繕部 月単位の週休2日

2024-04-22付 DOTSU-NET NEWS

 開発局営繕部は、所管発注工事において月単位の週休2日の取組を進める方針を固め、きょう22日付で初弾となる「月寒庁舎24構内整備」を入札公告する。取組の推進に当たっては、新営工事で発注者指定方式、その他の工事で受注者希望方式を採用。受注者希...

首位はこぶし建設 8億/本紙集計 1億以上受注80社/振興局農業23年度工事翌債等実績

2024-04-19付 DOTSU-NET NEWS

 道の各振興局産業振興部が発注した農業農村整備事業の2023年度翌債・ゼロ国債工事業者別受注実績が、本紙集計でまとまった。首位は、空知から4件、7億9595万円を受注したこぶし建設(株)(岩見沢)。以下、(株)中山組(札幌)が4件で7億61...

満点 A19社、B9社/総合評価工事成績評価点 - 振興局農業

2024-04-19付 DOTSU-NET NEWS

 道農政部は、振興局発注の農業土木工事における道内業者の2024年度総合評価落札方式用施行成績平均点をまとめた。満点の7.5点が付与される業者は、A等級が前年度から4社増の19社、B等級が5社増の9社。7点はAが184社、Bが74社とそれぞ...

実施率83%に上昇/経験企業数は25社増220社/開発局 23年度ICT活用工事

2024-04-18付 DOTSU-NET NEWS

 開発局は、2023年度におけるICT活用工事の実施状況をまとめた。全体では対象工事の83%に当たる377件で実施。実施率は、前年度実績と比較して4ポイント上昇した。ICT活用経験企業者数は25社増の220社となっている。  開発局は...

前年度実績比 1.5倍の265件/経験企業数は76社増221社/23年度BIM/CIM工事等 - 開発局

2024-04-18付 DOTSU-NET NEWS

 開発局は、2023年度におけるBIM/CIM業務・工事の実施状況をまとめた。実施件数は265件で、22年度実績と比較して約1・5倍に増加。件数の内訳は、工事が147件、設計が105件、測量が13件となっている。経験企業数は76社増加し、累...

札幌223億、函館151億/道建設部 月内にも発注情報/24年度建管別・事業別配分額

2024-04-17付 DOTSU-NET NEWS

 道建設部は、2024年度当初予算に基づく建管別・事業別配分額をまとめた。総額は23年度2定現計比5.1%増の1214億7400万円で、うち補助金と交付金を合わせた公共は6.4%増の972億6200万円、単独は0.4%増の242億1200万...

中間前払金 140市町村78%導入へ/社内含む業務のDX化推進/北保証 24年度保証事業重点方針

2024-04-17付 DOTSU-NET NEWS

 北海道建設業信用保証(株)の和泉晶裕社長は16日、同社で記者会見を行い、2024年度保証事業重点推進方針を発表した。発注者や保証契約者との連携による前払金制度の改善、業務のDX化などを通じて社会変化に柔軟に対応する資金環境を提供し、公共工...

完全週休2日など加点/最大2点 営繕以外対象/工事成績評定要領の運用改正 - 開発局

2024-04-16付 DOTSU-NET NEWS

 開発局は、請負工事成績評定要領の運用を一部改正した。考査項目のうち創意工夫における「働き方改革」の項目で、週休2日制適用工事における完全週休2日(土日)、週休2日交替制適用工事における月単位の週休2日の達成を加点評価。従前からの担い手確保...

長沙流川水系で変更/下流部を整備区間追加へ/道建設部 24年度河川整備計画

2024-04-16付 DOTSU-NET NEWS

 道建設部は、道管理河川における河川整備計画の策定予定をまとめた。2024年度は、1級河川で2圏域の計画変更、2級河川で1水系の計画変更と2水系の新規策定を目指す。うち2級河川で計画変更を予定しているのは、長沙流川水系で、河口から下流部を新...

首位は西村組 6.5億/本紙集計1億以上受注60社/建管発注ゼロ国・翌債等工事業者別実績

2024-04-15付 DOTSU-NET NEWS

 全道10建管が発注した2023年度ゼロ国債・翌債等工事の業者別受注実績が、本紙集計でまとまった。設計変更を含まない速報値で、首位は、5件、6億4960万円を受注した(株)西村組(湧別)。2位以下は、2件、5億280万円を受注した植村土建(...

工法比較の試行要領策定/設計段階 PCa製品等で活用/国交省 VFMコンクリート構造物

2024-04-15付 DOTSU-NET NEWS

 国土交通省は、VFMによるコンクリート構造物の工法比較に関する試行要領案を策定し、各地方整備局および開発局等に通知した。設計段階におけるプレキャスト製品と現場打ちコンクリートの工法比較検討に用いるもので、中型~大型の構造物が対象。評価項目...

算入率・範囲を改定/測量等諸経費は0.5に引上げ/業務の低入札価格調査等で - 道発注3部

2024-04-12付 DOTSU-NET NEWS

 道発注3部は、所管発注業務における低入札価格調査基準および最低制限価格制度の算入率・範囲を改定する。うち測量、地質調査、設計における諸経費の算入率は0.48から0.5に引き上げる。5月1日以降の入札から適用する。  道は、契約の内容に適...

加算率・補正係数など/新技術活用時 試験施工は受注者希望/土地改良等工事の積算基準改正 - 道農政部

2024-04-12付 DOTSU-NET NEWS

 道農政部は、土地改良事業等請負工事の積算基準等の一部改正を行った。土木工事市場単価における適用範囲や加算率・補正係数などを見直したほか、工事積算基準等の運用も改正。新技術等を活用した積算が必要で別途歩掛等を策定する場合は、これまで必須だっ...

現場環境改善費率 係数見直し図る/対象工事は6月19日以降適用/共通仮設費算定基準を改正 - 道農政部

2024-04-11付 DOTSU-NET NEWS

 道農政部は、土地改良事業等請負工事の共通仮設費算定基準を一部改正した。農林水産省の基準改定に伴い、現場環境改善費について率の算出に用いる係数の見直しを図った。最新設計単価の対象工事は積算基準日が6月19日以降、対象外工事は8月21日以降か...

交付申請受付を開始/道労働局 助成額最大1千万/働き方改革推進支援助成金

2024-04-11付 DOTSU-NET NEWS

 道労働局は、働き方改革推進支援助成金(業種別課題対応コース)の2024年度交付申請受付を開始した。働き方改革推進に向けた環境整備に取り組む中小企業事業主に対して支援を講じるもの。成果目標の達成状況に応じて、助成対象となる取組の実施に要した...

出来形など各項目対象/検査書類限定型の適用可能に/遠隔臨場の工事検査実施要領案 - 国交省

2024-04-10付 DOTSU-NET NEWS

 国土交通省は、遠隔臨場による工事検査に関する実施要領案を策定した。2023年度の試行結果を踏まえ、各種検査への適応性を検討した上で定めたもの。対象は完成検査、中間技術検査、既済部分検査、完済部分検査における工事実施状況、出来形、品質、出来...

PFI手法の実施妥当/調査結果 道議会総務委に報告/道警本部 旭川中央署庁舎等整備

2024-04-10付 DOTSU-NET NEWS

 道警本部は、2023年度に行った旭川中央警察署庁舎等の整備事業に係るPFI導入可能性調査結果をまとめ、9日の道議会総務委員会に報告した。定量的・定性的な評価などを踏まえ、PFI手法による事業実施の妥当性を確認。手続きが順調に進んだ場合、2...

首位は富士サル 4.2億/本紙集計 受注総額83億/振興局水産土木23年度受注実績

2024-04-09付 DOTSU-NET NEWS

 道の各振興局水産課発注の水産土木工事における2023年度業者別受注実績が、本紙集計でまとまった。首位は、渡島や十勝など5振興局で7件、4億2263万円を受注した(株)富士サルベージ(函館)。以下、6件で3億8521万円の(株)西村組(湧別...

24年度 15件程度発注/12件公告済み 残り6月までに/道建築局 総合評価重点工事

2024-04-09付 DOTSU-NET NEWS

 道建築局が2024年度に発注する総合評価落札方式における円滑な事業執行への貢献に係る対象工事(重点工事)は、15件程度となる見通しだ。8日時点では、学校施設の長寿命化と大規模改造に係る12件が公告済み。残る数件は学校施設以外の改修案件で、...

国債活用等で取組奏功/河川・道路・農業対象に集計/設計業務等の履行期限平準化 - 開発局

2024-04-08付 DOTSU-NET NEWS

 開発局は、設計業務等における履行期限の平準化の推移状況をまとめた。河川・道路・農業部門を対象に集計したもの。働き方改革の実現に資する取組が本格化する前の2014年度から16年度と比べ、近年は4~12月、1~2月の割合が右肩上がりに上昇。3...

港が核の地域振興へ/みなとオアシスに小樽登録/地域の交流促進、魅力向上を - 国交省

2024-04-08付 DOTSU-NET NEWS

 小樽港を核とした地域振興へ―。国土交通省港湾局は5日、21日にみなとオアシス小樽(小樽市)を港のにぎわい拠点となる「みなとオアシス」に登録すると発表した。代表施設である小樽国際インフォメーションセンターは、3月25日にオープンした小樽地域...

23年度 761億円発注/釧路、帯広など4開建で増加/開発局のゼロ国・翌債工事 - 本紙集計

2024-04-05付 DOTSU-NET NEWS

 開発局における2023年度ゼロ国債・翌債対象工事の発注実績が、本紙集計でまとまった。発注額は761億2600万円で、前年度と比較して5.5%の増に。開建別にみると、帯広、釧路など4開建で増加している。  設計変更を含まない速報値。消...

鋼管ソイルセメント杭 24年度から本運用/付帯道路施設、電共の適用も/開発局 ICT活用工事工種拡大

2024-04-05付 DOTSU-NET NEWS

 開発局は、ICT活用工事のさらなる工種拡大を図る。国土交通省の方針に基づき、2024年度からは、構造物工(基礎工)における鋼管ソイルセメント杭の本運用を開始。小規模工事では、付帯道路施設工、電線共同溝工の適用を始める。今後、要件の合致した...

首位は宮坂建設 56億/総額761億、長期国債除く 本紙集計/23年度ゼロ国・翌債工事受注実績 - 開発局

2024-04-04付 DOTSU-NET NEWS

 全道10開建の2023年度ゼロ国債・翌債工事業者別受注実績が、本紙集計でまとまった。札幌、旭川、室蘭、帯広の4開建で計16件、55億7046万円を受注した宮坂建設工業(株)(帯広)が前年度に続いて首位。受注総額は、前年度実績と比較して5....

4.5億以上は発注者指定/受注者希望の場合も通期必須/開発局 月単位の週休2日施工

2024-04-04付 DOTSU-NET NEWS

 開発局の道路・河川部門における週休2日による施工に関し、2024年度実施方針がまとまった。WTO対象および一般土木、機械設備の4億5000万円以上の工事は、発注者指定方式で月単位の週休2日を推進。その他の工事では、通期の週休2日は必須とし...

先端技術対応の整備へ/3次元データ活用し一体的に/開発局 旭東地区で実証実験

2024-04-03付 DOTSU-NET NEWS

 開発局は、本年度から旭川開建所管の国営緊急農地再編整備事業旭東地区で、先端技術に対応した農地整備手法等の確立・体系化に向けた実証事業に乗り出す。3次元データを活用した設計から施工、営農・維持管理までの一体的な農地整備等の実証を行うもの。本...

工事 175件、250億/委託は31件、3.3億に/道営農業ゼロ国・翌債発注実績

2024-04-03付 DOTSU-NET NEWS

 道農政部は、道営農業農村整備事業の2024年3月発注実績をまとめた。翌債・ゼロ国債案件を対象に消費税込みの当初契約ベースで集計したもので、工事は175件、249億7200万円を発注。前年同月の件数を12件、金額を26億2300万円上回った...

未公告分は6機関40件/道防衛局 最多の17件に/主要発注機関WTO対象工事

2024-04-02付 DOTSU-NET NEWS

 道内主要発注機関の2024年度当初発注見通しなどに基づくWTO対象工事がまとまった。未公告分をみると、土木、建築を中心に6機関合計で40件に。直近5ヵ年で最多の件数となっている。発注機関別では、自衛隊施設の強靱化事業を進める道防衛局が最多...

早期の防災・減災へ/開発局 道内全1級水系で/流域治水プロジェクト2・0策定

2024-04-02付 DOTSU-NET NEWS

 開発局は、道内の全1級水系における「流域治水プロジェクト2・0」を策定した。気候変動による降雨量増加に伴う水害リスクの増大を明示した上で、これに対応する本川の整備に加えて、まちづくりや内水対策などの流域対策を充実し目標を設定。目標達成に必...

工事673件、業務1743件/土木A34件、A・Bが84件など/開発局 発注見通しを公表

2024-04-01付 DOTSU-NET NEWS

 開発局は、きょう1日付で2024年度4月以降における工事・業務の発注見通しを公表する。工事は673件、業務は1743件。一般土木は409件で、WTO対象を含むA等級が34件、A・B等級が84件、B等級が199件などとなっている。本局を含め...

1日現在 未公告8件/鳥山TNは6月公告予定/開発局 24年度WTO対象工事

2024-04-01付 DOTSU-NET NEWS

 開発局における4月1日付発注見通しのうち、未公告のWTO対象工事は8件となっている。部局別では、札幌開建が4件、函館開建、小樽開建、釧路開建、本局が各1件。函館開建所管の「229号乙部町鳥山トンネル」は6月の公告を予定している。  WT...

工事261件、委託510件追加/変更は工事223件、委託519件/10建管 工事等情報を公表

2024-03-29付 DOTSU-NET NEWS

 全道10建管は、きょう29日付で工事等情報を公表する。本紙集計では、工事の追加分が261件、変更分が223件。委託業務の追加分が510件、変更分が519件となっている。  今回公表分では年間執行分を盛り込んでいる。社会資本整備交付金...

工事650件程度見込む/本紙調査 業務は1600件程度/4月1日付で発注見通し公表 - 開発局

2024-03-29付 DOTSU-NET NEWS

 開発局は、4月1日付で2024年度における工事・業務の発注見通しを公表する。本紙調査によると、開建所管分の工事は650件程度、業務は1600件程度となるもよう。発注に当たっては、働き方改革の強力な推進を図るとしており、週休2日は「質の向上...

工事480件、委託1020件/あす29日にも一斉公表/10建管 第3回工事等情報

2024-03-28付 DOTSU-NET NEWS

 全道10建管は2024年度第3回工事等情報の公表に向けた作業を進めている。年間執行分を盛り込んだもので、早ければあす29日にも一斉公表となる見通し。本紙調査によると、追加分と変更分を合わせた全体の公表件数は工事が480件程度、委託業務が1...

若手技術者 チャレンジ型 効果的仕組を検討/CPDS 緩和措置徐々に廃止/開発局 総合評価実施方針案

2024-03-28付 DOTSU-NET NEWS

 開発局は27日、札幌第1合同庁舎で総合評価審査委員会を開き、2024年度実施方針案等を示した。工事では、若手技術者育成型のチャレンジ型において、より多くの参加が促されるよう、年齢評価等を組み合わせる試行を実施しつつ、参加や受注状況を把握し...

工事全体の効率化試行/PCa大型で評価手法検討も/インフラDX等アクションプラン - 開発局

2024-03-27付 DOTSU-NET NEWS

 開発局は、インフラDX・i―Constructionアクションプランを策定した。ICT施工の深化に向けては“ICT施工StageⅡ”として、工種単位の作業の効率化から工事全体の効率化を現場で試行。プレキャストは、従...

週休2日質向上へ 月単位・交替制推進/書類作成業務負担軽減なども/建設業等の働き方改革実施方針 - 開発局

2024-03-27付 DOTSU-NET NEWS

 開発局は、2024年度建設業等の働き方改革実施方針を策定した。働き方改革の強力な推進を図る観点から、週休2日は「質の向上」の拡大として、月単位および交替制適用工事を推進。過日作成したリーフレット「工事書類の簡素化のポイント」に基づき、受発...

電子化、ウェブ会議等/受発注者の働き方改革推進/工事書類簡素化のポイント紹介 - 開発局

2024-03-26付 DOTSU-NET NEWS

 開発局は、受発注者間における作成書類の明確化を図り、遠隔臨場や検査書類限定型工事等の活用による工事の円滑な施工、働き方改革の推進を目的とした「工事書類簡素化のポイント」を作成した。リーフレットは、工事関係書類を必要最小限に簡素化するための...

予定価格に実態反映を/新年度事業計画など決定/道建協 第7回理事会開催

2024-03-26付 DOTSU-NET NEWS

 北海道建設業協会(岩田圭剛会長)は25日、札幌国際ビルで本年度第7回理事会を開催した。「担い手確保・育成に向けた取組」「働き方改革実現に向けた取組」など全9項目からなる新年度事業計画などを決定。地域建設業の健全な発展を図るためには適正な利...
≪ 前の4週間4週前~現在まで表示次の4週間 ≫