トップページ > DOTSU-NET NEWS一覧 >DOTSU-NET NEWS詳細

基金残高 64%増の8339億円/公共施設老朽化対策が要因に/道内市町村の基金積立状況調査

 道は、道内市町村における基金の積立状況等にかかる調査結果を公表した。28年度末における237団体の基金残高は8,339億円で、18年度末と比べて3,254億円増加。うち、財政調整基金が増加したのは172団体で、1,287億円増加した。財政調整基金の積立理由では、「公共施設等の老朽化対策等にかかる経費の増大」が最も多く、以下、「地方交付税の推計が困難」「人口減少による税収減」などと続いた。
(DOTSU-NET NEWS 2018/01/11付)