トップページ > DOTSU-NET NEWS一覧 >DOTSU-NET NEWS詳細

現行規模以上で継続か/アンケートでの高評価受け/北保証の建設業若年者育成助成事業

 本年度に終了する「道内建設業若年者育成助成事業」(2014~18年度)の事業継続を判断するため、北海道建設業信用保証(株)(吉田義一社長 ※吉は土に口)が進めていたアンケート調査の結果がまとまった。事業実績のある道建協や傘下の地方建協、対象事業の実施高校など77団体等から調査票を回収。回答結果は「業界に対する学生の理解が深まり、新入社員・若手社員の定着に効果があった」と予想以上に利用者からの評価が高いことが分かった。同社ではこの結果を踏まえ「新規の助成事業も含め、これから規模や内容を決めていきたい。現行の事業規模を金額で下回らないようにしたい」とし、11月の取締役会に諮り事業の継続を最終決定する方針だ。
(DOTSU-NET NEWS 2018/10/10付)