トップページ > DOTSU-NET NEWS一覧 >DOTSU-NET NEWS詳細

投資単独は200億程度か/関連単 労務費上昇考慮し上積みへ/道の2定補正予算編成作業 - 本紙調査

 道は20日開会予定の第2回定例道議会に、総額2500億円程度の補正予算案を提出する方向で編成作業を進めている。投資単独は、2定現計で前年度当初と同規模程度が原則。本年度当初予算においては、特別対策と公共関連単独に年間所要額の2分の1を計上したことから、特別対策には140億円程度が積み上げられるものとみられる。一方、公共関連単独は、労務費の上昇などを考慮し、2定現計で前年度当初を若干上回るもよう。本年度当初の56億円より増加することを踏まえると、特別対策と公共関連単独の合計は、本紙調査で200億円程度にのぼる見通しだ。
(DOTSU-NET NEWS 2019/06/11付)