トップページ > 連載・特集一覧

連載・特集一覧


新任開建部長リレーインタビュー<2018・7>

災害対応、防災対策に全力/地域全体で建設技術者育成/新任開建部長リレーインタビュー①<室蘭>米津 仁司 氏

米津 仁司 氏画像 第8期北海道総合開発計画は、ことしで3年目を迎えた。食と観光を支える生産空間の持続・発展に向けた施策、経済発展に不可欠な物流・人流網の整備、社会資本の老朽化対策なども精力的に進められている。一方で、建設業においては、働き方改革関連法案の成立もあり、週休2日をはじめ、担い手の確保・育成に向けた取組が加速。こうした中、ことし7月31日付の人事異動で室蘭、釧路、網走、稚内の4開建で部長が交代した。新任部長に抱負や建設業界に対する期待などを聞いた(インタビューは8月に実施)。―管内の印象と新任の抱負 ...

(2018-10-04) 全て読む

建設業の働き方改革期待/釧路港国際物流ターミナル供用へ/新任開建部長リレーインタビュー②<釧路>伊藤 晃 氏

伊藤 晃 氏画像―管内の印象について 釧路管内は初めての勤務だが、わが国の食を支える重要な食糧基地と再認識した。また、阿寒湖、釧路湿原等に代表されるような観光資源も多い。近年は、日本全国が暑さに見舞われる中、夏の涼しさは貴重な資源だと実感している。当地域が有する食、観光資源、冷涼な気候等に当地域の可能性を感じている。―今後の抱負は そういった中で、第8期北海道総合開発計画の戦略的産業とされている「食」「観光」は、まさに当地域のこと。食糧基地を支える農業基盤、水産基盤整備を進めたい。また、それを生かすためには、道...

(2018-10-04) 全て読む

食、観光の発展へ全力/各種事業で強靭な国土形成/新任開建部長リレーインタビュー③<網走>渡邊 政義氏

渡邊 政義氏画像―管内の印象と新任の抱負について 第8期北海道総合開発計画のキャッチフレーズ「世界の北海道」を目指す上で、「食」・「観光」の資源が豊富にあるオホーツク管内は、他地域の見本となる重要な地域と認識している。戦略的産業としての育成が求められ、一次産業を下支えするためにも、生産者など地域の声を聞きながらオホーツク地域発展に向けた各種事業を推進していきたいと考えている。 また、地域住民の安心・安全の確保を図るため、防災・減災対策やインフラ老朽化対策等による国土強靭化に向けた取組を推進していく。―本年度の主...

(2018-10-04) 全て読む

地域の可能性 現実の力に/生産・交通基盤整備であと押し/新任開建部長リレーインタビュー④<稚内>熊谷 政行 氏

熊谷 政行 氏画像―管内の印象と新任の抱負 宗谷の人たちは皆前向きで、地域の産業をどうやって盛り上げていこうか新しいことを考えている。そんな地域の人たちの積極的な取組に協力していきたい。 北海道総合開発計画が掲げる「世界の北海道」を目指していく中で、宗谷地域は、酪農や水産業、自然環境や観光など、世界に打ち出していけるポテンシャルのある地域だと認識している。そのポテンシャルを現実の力にしていくため、生産基盤や交通基盤を整備し地域を下支えすることで、地域の期待に応えていきたい。―本年度の主要事業 道路では、地吹雪によ...

(2018-10-04) 全て読む