トップページ > DOTSU-NET NEWS一覧 >DOTSU-NET NEWS詳細

河道内樹木伐採等は予防保全に/公共土木施設維持管理方針見直し骨子 - 道建設部

 道建設部は、公共土木施設の維持管理基本方針の一部見直し骨子を示した。河道内樹木の伐採や河川における土砂等除去、道路付属物補修において予防保全の考え方を取り入れた計画的な維持管理を導入。道インフラ長寿命化行動計画に基づき、トンネルや排水機場などを4つの維持管理区分のうち新たに「予防保全型」に位置付ける。管理施設数や苦情件数などのデータ更新も図る。今後は、来月中旬にも素案を示すなど、年度内の策定を目指し作業を進める。

(DOTSU-NET NEWS 2017/01/12付)