トップページ > DOTSU-NET NEWS一覧 >DOTSU-NET NEWS詳細

3路線の事業化妥当/知事「効果高める取組推進」/社整審道路分科会審議結果 - 国交省

 国土交通省は14日、東京都内で社会資本整備審議会道路分科会を開き、39号端野高野道路(14.3キロメートル)および44号尾幌糸魚沢道路(24.7キロメートル)の新規事業化と、道東道トマムIC~十勝清水IC間のうち9.5キロメートルの4車線化を妥当と結論付けた。
 審議の結果を受けて、高橋はるみ知事が喜びのコメントを発表。「大変うれしく思う」とした上で「道としても、これらの整備と連携して様々なストック効果を高める取組を進めていく」との方針を示した。
(DOTSU-NET NEWS 2019/03/15付)