トップページ > DOTSU-NET NEWS一覧 >DOTSU-NET NEWS詳細

過去10年で2番目に/施工体制の確保が進捗の鍵に/開発局の工事費予算額推移 - 本紙集計

 開発局の2019年度工事費予算額は、過去10年でみると、アベノミクス第1弾の執行が本格化した13年度に次ぐ2番目の規模となっている。18年度第2次補正予算の繰越分や臨時・特別の措置などで増加した19年度の工事費予算は、本紙集計によると、3880億円となっており、過去5ヵ年では最大規模に。対象工事の発注は切れ目なく続いており、予算執行に対応する施工体制の確保が求められている。
(DOTSU-NET NEWS 2019/06/12付)