トップページ > DOTSU-NET NEWS一覧 >DOTSU-NET NEWS詳細

復興係数適用へ調査実施か/土工、コンクリート工対象に/国交省 胆振東部地震の災復工事

 国土交通省は、北海道胆振東部地震で被災した公共土木施設等の災害復旧工事に当たり、復興係数・復興歩掛の適用を検討すべく、被災地域における土工とコンクリート工に関する調査を実施する方向で調整を進めているもよう。工事量の増大で土砂を運搬するダンプや重機のふくそうが見込まれ、施工効率の低下が懸念されることから、実態把握に向けた情報を収集する見通し。円滑な施工体制を確保するため、調査対象となった場合、求められる事項に対する適切な回答が重要となってきそうだ。
(DOTSU-NET NEWS 2018/11/09付)