トップページ > DOTSU-NET NEWS一覧 >DOTSU-NET NEWS詳細

後藤新局長 生産空間支える取組を/建設業は地域の守り手/開発局新旧局長記者会見

 開発局の新旧局長による記者会見が10日、札幌第1合同庁舎で行われた。後藤貞二新局長は、第8期北海道総合開発計画に基づく施策を着実に進め、食料供給や観光など本道の強みを生かし、世界の北海道を目指すため、「生産空間を支える取組をしっかりと進めていきたい」と力強く決意を表明した。建設業に対しては、社会インフラの整備、維持管理、災害対応をはじめ、「地域の守り手である」と重要な役割を担っていることを強調。担い手の確保に向け、週休2日など働き方改革と、i - Constructionなど生産性向上に資する取組を進めていく考えを示した。
(DOTSU-NET NEWS 2019/07/11付)