トップページ > DOTSU-NET NEWS一覧 >DOTSU-NET NEWS詳細

十勝 畑地整備通年施行/上川・胆振で2ヵ年調査試行/業務改善プログラムの取組本格化 - 道農政部

 道農政部は、働き方改革に対応した「業務改善プログラム」で掲げた取組への対応を本格化させている。プログラムは2019年度に策定したもので、初年度は情報共有システム(N4システム)の導入や、業務の効率化に資する発注工区の大型化、公示用図面の電子閲覧化などの取組を推進。本年度は、十勝で畑地整備の通年施行、上川と胆振で2ヵ年調査を試行するほか、草地整備における施工時期の平準化率も4割以上を目標値として設定した。年度を跨ぐ工期設定を含む業務完了時期の分散化は、国の動向等を踏まえながら具体的な検討を進めていく。
(DOTSU-NET NEWS 2020/05/22付)