トップページ > DOTSU-NET NEWS一覧 >DOTSU-NET NEWS詳細

「東案その2 工事費625億円」を追加/認可案含め年度末までに結論/道新幹線札幌駅ホーム位置問題

 北海道新幹線札幌駅ホーム位置問題について協議する「北海道新幹線促進北海道・札幌市調整会議」が9日、道庁本庁舎で開かれた。これまで協議を進めてきた道、札幌市、JR北海道、鉄道・運輸機構の4者に加えて、国土交通省が初参加。これまで検討してきた「認可案」「東案」「地下案」の検討結果について確認したほか、JR北海道が新たな候補「東案その2」の整備内容を説明。東案その2の工事費には約625億円が必要となることを示した。今後は、工事費が多額となる「東案」「地下案」を除き、本年度末までに「認可案」「東案その2」のいずれかを決定することを申し合わせた。

(DOTSU-NET NEWS 2018/02/13付)