トップページ > DOTSU-NET NEWS一覧 > DOTSU-NET NEWS詳細

工事 5億円以上は36社/委託7社3億、33社1億円超/2020年度業者別受注実績 - 道農政部

 道農政部は、2020年度の業者別受注実績をまとめた。受注総額は、工事が前年度比9.1%増の792億6200万円、委託業務が3%増の122億700万円。工事で5億円以上を受注した業者は12社増の36社、3億円以上は17社増の79社にのぼった。委託業務は、3億円以上が同数の7社、1億円以上が2社減の33社となっている。

 工事の総受注業者数は、前年度を5社下回る494社。上位30社のうち、道内業者は29社となっている。首位は、14億2404万円を受注した(株)中山組(札幌)。2位は9億8237万円で開発工建(株)(岩見沢)、3位は9億2104万円でこぶし建設(株)(岩見沢)だった。
 委託の総受注業者数は、11社減の227社。上位30社はすべて道内業者となった。首位は、9億8568万円を受注した北海道土地改良事業団体連合会(札幌)。2位以下は、8億7965万円の(株)ルーラルエンジニア(深川)、3億8781万円の(株)北海道農業建設コンサルタントなどと続いている。
(DOTSU-NET NEWS 2021/08/06付)