トップページ > DOTSU-NET NEWS一覧 >DOTSU-NET NEWS詳細

維持除き1798億/測量設計費 5.2%増392億/開発局21年度当初における工事費

 開発局の2021年度事業計画における工事費は、前年度当初比13.8%減の1798億1600万円となっている。維持関係の事業を除く集計値。測量設計費には、5.2%増の391億6500万円を計上した。
 21年度当初予算ベースの集計。事業計画は、改築や河川改修など地元負担の伴う事業費の内訳を示したもので、維持など、地元負担が伴わない事業は除外している。
 工事費を事業別にみると、河川関係では石狩川下流に103億3115万円を計上。ダムには、沙流川総合開発に36億1025万円、幾春別川総合開発に20億9897万円を措置している。
 道路のうち、幹線道路ネットワーク計の改築事業をみると、道横断道本別~釧路間に83億300万円、5号倶知安余市道路に78億452万円、235号厚真静内道路に64億8430万円を配分。防災対策には、238号紋別防雪に32億6000万円、239号霧立防災に22億3764万円を計上した。
 農業では、芽室川西地区に35億2300万円、美唄地区に20億6000万円、北海地区に17億2300万円を配分。港湾・空港をみると、苫小牧港に22億5100万円、釧路港に19億5223万円、新千歳空港に46億4515万円を措置した。
(DOTSU-NET NEWS 2021/04/28付)