トップページ > DOTSU-NET NEWS一覧 > DOTSU-NET NEWS詳細

週休2日工事2955件/見積活用方式を8件試行/道建設産業支援プラン 20年度結果

 道建設部は、「北海道建設産業支援プラン2018」に基づく20年度推進事業の取組結果をまとめた。20年度は203に及ぶ推進事業を実施。主な事業の取組結果をみると、建設部では、適正な利潤の確保等に資する見積活用方式を8件、設計変更確認会議を24回試行した。週休2日工事は発注3部合計で2955件にのぼっている。21年度は、新規を含め205の推進事業に取り組み、本道建設産業の持続的発展につなげていく。

 北海道建設産業支援プラン2018は、経営力や生産性の向上に関する道としての支援施策を示したもの。各支援施策の着実な実施に向けては、推進事業の取りまとめを毎年度行っており、20年度は203事業に取り組んだ。
 主な事業の取組結果をみると、建設部では、見積活用方式を8件、設計変更確認会議を24回試行。ICT活用工事は70件、新技術の活用件数は受注者提案・創意工夫等を含め113件となっている。
 21年度は、205の推進事業に取り組む。新規は7事業で、「競争入札参加資格審査における働き方改革推進の加点措置」「異業種チャレンジ奨励事業」などを盛り込んでいる。

 主な推進事業の取組結果はつぎのとおり。
▽経常JVの活用=農政部191件、水産林務部112件、建設部・土木126件、建設部・建築79件
▽早期の単価変更による実勢を反映した労務単価による積算=調査職種数51―建設部
▽不調・不落等の工事における見積りを活用した入札の検討=見積活用方式8件試行―建設部
▽遠隔地からの労働者・建設資材等の調達に伴う設計変更=農政部4件、水産林務部8件、建設部18件
▽施工時期の平準化と余裕ある工期での発注=農政部10件、水産林務部368件、建設部・土木2733件、建設部・建築45件
▽三者検討会の開催=449回―建設部
▽設計変更確認会議の実施=24回―建設部
▽ICTを活用した工事現場での施工や書類作成の省力化による生産性の向上=ICT活用工事70件―建設部
▽建設業担い手対策支援事業=9件415万円―建設部
▽公共工事における新技術の積極的な活用=113件―建設部
▽週休2日工事の導入=農政部550件、水産林務部327件、建設部・土木1986件、建設部・建築92件
▽労働環境改善プロジェクトの実施=発注者側達成率91%、受注者側達成率98%―建設部
▽女性が働きやすい職場環境づくり(快適トイレ設置工事)=農政部264件、水産林務部65件、建設部・土木1388件、建設部・建築20件
▽ワンデーレスポンスの実施=農政部559件、水産林務部372件、建設部1187件
(DOTSU-NET NEWS 2021/08/17付)