トップページ > DOTSU-NET NEWS一覧 > DOTSU-NET NEWS詳細

577件、675億円を執行/件数、金額とも空知が最多/道営農業農村整備7月末工事発注実績

 道農政部は、道営農業農村整備事業における2021年度7月末工事発注実績をまとめた。577件、675億2300万円を発注。前年度同期と比べ、件数で12件、金額で15億8100万円下回った。
 ことし3月に発注した翌債およびゼロ国債分を含めたもの。消費税込みの当初契約ベースで集計している。
 発注件数を振興局別にみると、空知が最多の147件で、十勝が96件、上川が88件、オホーツクが72件などと続く。前年度同期を上回ったのは、十勝など4振興局だった。
 工事の発注額も空知が最多で212億7100万円に。以下、上川が106億6400万円、十勝が98億6000万円、オホーツクが97億2900万円などとなった。上川など4振興局が前年度同期を上回る結果となった。
(DOTSU-NET NEWS 2021/08/11付)