トップページ > DOTSU-NET NEWS一覧 > DOTSU-NET NEWS詳細

停電復旧作業を迅速化/電線への倒木などで支援/道が北電等と協定締結

 道は、北海道電力(株)および北海道電力ネットワーク(株)と「大規模災害時における相互協定に関する基本協定」を締結した。道内における停電復旧作業の迅速化につなげることが目的。電線などにかかる倒木や道道上に倒れた電柱等の除去作業に関し、要請に基づき道が支援することを可能としたほか、所有する施設・敷地・資機材などの資源を相互に提供する。
 協定は、2019年9月に関東地方へ襲来した台風15号への対応の際、道路にかかる倒木などの影響で同地域の停電復旧に長時間を要したことを踏まえたもの。道内における停電復旧の迅速化を図り、生活の早期安定につなげるため、8月31日付で締結した。
 これまで電線などにかかる倒木や道道上に倒れた電柱等の除去作業は、感電などの危険を伴うため北海道電力ネットワークが実施。今後は、北海道電力ネットワークによる安全確認を経て、道が除去作業の支援を行う。
 災害復旧作業の実施に当たっては、双方が所有する施設・敷地・資機材などの資源を相互に提供。停電情報・被害状況の情報共有にも努めるとしている。
(DOTSU-NET NEWS 2021/09/27付)