トップページ > DOTSU-NET NEWS一覧 > DOTSU-NET NEWS詳細

表彰枠20年度と同程度/優秀者70社、建管優良企業60社/道建設部 工事等優秀者表彰など

 道建設部と全道10建管は、2021年度工事等優秀者表彰および建設管理部工事優良企業表彰の受賞者選定に向けた検討を進めている。表彰枠に関しては、前年度と同等程度とする方向で調整。工事等優秀者表彰が70社程度、建設管理部工事優良企業表彰が60社程度になるとみられる。各建管では現在、優秀現場代理人等表彰に関する検討も実施。災害復旧工事の本格化を踏まえた室蘭における表彰枠の拡大措置については、今回も継続されるもようだ。

 工事等優秀者表彰は、前年度に完成した工事および完了した委託業務を対象に選考。施行成績、受注実績額、地域関連評価、品格評価などを総合的に勘案し、特に優秀な成績を収めた業者に知事感謝状を贈呈している。
 一方、20年度に創設した建設管理部工事優良企業表彰に関しては、道建設部が前年度に優秀な施行成績を収めた企業を抽出。その中から建管が、災害時の協力に力を注ぎ、難工事を受注するなど地域貢献度の高い企業を選出する。
 道建設部と全道10建管は、両表彰の受賞者選定に向けた検討に着手。選考に当たっては可能な限り、両表彰の受賞者が重複しないよう調整を図る見込みだ。
 21年度の表彰枠に関しては、前年度と同等程度とする方向で調整。工事等優秀者表彰が工事50社程度、委託20者程度の計70社程度、建設管理部工事優良企業表彰が60社程度とみられる。
 10建管では、優秀現場代理人等表彰に関する検討も進めているが、災害復旧工事の本格化を踏まえた室蘭における表彰枠の拡大措置については、継続される見通し。残る建管は、前年度と同等程度に落ち着くとみられる。
(DOTSU-NET NEWS 2021/10/13付)