トップページ > DOTSU-NET NEWS一覧 >DOTSU-NET NEWS詳細

投資関連 12.6%減3402億/15ヵ月予算 ほぼ横ばい4928億/きたひろしま総合運動公園線本格化/道が21年度当初予算案発表

 道は19日、2021年度予算案を発表した。特別会計を含む投資関連予算は、前年度当初比12.6%減の3401億8200万円。一般会計分では、13%減の3311億3600万円となった。前年度当初との比較では大幅に減少したものの、15ヵ月予算ベースでみた一般会計の年間執行額は2.8%減の4927億8800万円で、ほぼ横ばいとなっている。主な事業をみると、名寄遠別線宇遠別トンネルに着工するほか、きたひろしま総合運動公園線や鷹栖東神楽線などの整備を本格化。新規では、知床公園羅臼線羅臼橋架換、富良野川下流堰堤群火山砂防事業などに着手する。

 一般会計総額は、15.4%増の3兆2529億9600万円。新型コロナウイルス感染症への対応を強化し、道民の命と暮らしを守る観点から、過去3番目の予算規模となった。
 一般会計に占める投資関連予算は、13%減の3311億3600万円。ただ、前年度までは、国の「防災・減災、国土強靱化のための3か年緊急対策」に基づく事業費が当初予算に計上されており、これを除いた比較では4.1%の減にとどまる。15ヵ月予算ベースでみた年間執行額も、2.8%減の4927億8800万円となっている。
 一般会計のうち、公共事業費は12.4%減の2419億4500万円。補助事業のみでは、14.7%減の1647億5300万円だった。
 投資的事業は、14.6%減の891億9100万円。特別対策事業、公共関連単独事業、社会資本整備総合交付金などは横ばいだが、施設建設事業費が大幅な減少となっている。
 21年度に予定している事業をみると、道路は、名寄遠別線宇遠別トンネルのほか、きたひろしま総合運動公園線や鷹栖東神楽線などの整備を展開。知床公園羅臼線羅臼橋の架換事業にも着手する。
 河川は、望月寒川(札幌市)、安平川(苫小牧市)、芭露川(湧別町)などの整備を継続。20年度補正予算を活用し、タルマップ川(留萌市)、ペンケペオッペ川(剣淵町・和寒町)にも新規着手する。
 砂防は、於古発右2の沢川(小樽市)、ミズモト左川(室蘭市)、三泊沢川(留萌市)、丸瀬川(遠軽町)、ポンペーパン川(旭川市)などの通常砂防に新規着手。火山砂防では富良野川下流堰堤群(上富良野町)、急傾斜地崩壊対策では余市沢町2(余市町)などの事業化を予定している。
(DOTSU-NET NEWS 2021/02/22付)