トップページ > DOTSU-NET NEWS一覧 > DOTSU-NET NEWS詳細

札幌など3建管で試行/道建設部 一部改訂し内容拡充/舗装目視点検要領・ガイドライン

 道建設部は、舗装目視点検の要領およびガイドラインを一部改訂した。従前の取扱いから大幅な変更はないが、間もなく開始するビデオ目視による点検や、スマートフォンを用いた平坦性計測の実施に当たり、内容の拡充を図ったもの。主な改定点をみると、要領では「道路分野に対する管理基準の目安表」について、判定区分に応じた表記に変更。ガイドラインにおいては、路線内に破鎖が入っている場合の記録表の記載方法を追記したほか、データ入力方法などを一部改訂した。2021年度は、札幌、旭川、網走の3建管で試行。8月までに委託業務を発注する意向だ。
 道は18年3月、維持管理コストの縮減・平準化に資することを目的とした北海道舗装長寿命化修繕計画を策定。計画に基づき、舗装点検の基本方針を示した要領と、舗装点検の進め方を示したガイドラインを作成した。
 舗装点検要領では、路線の役割やストック量などをもとに、道路を4つのレベルに分類。高規格幹線道路をA、損傷の進行が速い道路をB、損傷の進行が緩やかな道路をC、生活道路をDとし、BとCを道道の対象と定めた。
 当初は、車上や徒歩による目視点検を基本としていたが、業務の効率化に向け道建設部は、20年度に新たな要領およびガイドラインを作成。車両に設置した高感度ビデオカメラの撮影動画を用いた遠隔からの目視点検や、スマートフォンの機能を活用した平坦性計測などを行った。
 早期の実用化に向け、試行は21年度も継続。札幌、旭川、網走の3建管で実施するが、20年度の試行を踏まえ、要領およびガイドラインを一部改訂した。
 要領の主な改訂点をみると、分類Bの道路における「道路分野に対する管理基準の目安表」について、判定区分に応じて表記。分類Cの道路も同様の表記に改めている。
 ガイドラインでは、舗装点検の距離指標(区間指標)に関し、道路台帳測点(SP)を用いることを追記。測点の考え方について、路線が重複する区間がある場合や、路線内に破鎖が入っている場合の記録表の記載方法も追記した。このほか、現地踏査時におけるチョーキングの作業内容、舗装点検の成果品内容、点検記録様式の記載内容、データ入力方法なども一部改訂した。
(DOTSU-NET NEWS 2021/07/19付)