トップページ > DOTSU-NET NEWS一覧 > DOTSU-NET NEWS詳細

工事 10億円以上は12社/道建設部まとめ 委託19社が5億円以上/2020年度建管執行分業者別受注実績

 道建設部は、建管執行分の2020年度業者別受注実績をまとめた。工事をみると、10億円以上を受注した業者は、前年度を3社下回る12社。5億円以上は、10社減の53社だった。上位30社はすべて道内業者。一方、委託業務で5億円以上を受注した業者は、前年度と同じく19社となっている。

 工事の受注総額は、2.9%増の1388億4300万円。金額にして38億9400万円上回った。総受注業者数は9社減の952社だった。
 上位業者をみると、首位は日本高圧コンクリート(株)(札幌)で、24億8994万円を受注。2位は岩田地崎建設(株)(札幌)で17億2903万円、3位は(株)中山組(札幌)で17億2183万円と続いている。
 委託業務の受注総額は、0.6%減の367億6600万円。金額にして2億1700万円下回った。総受注業者数は7社減の341社となった。
 業者別では、(株)開発調査研究所(札幌)が15億6525万円を受注し首位に。2位以下は、(株)ドーコン(札幌)が14億3537万円、(株)シー・イー・サービス(札幌)が14億3277万円などと続いた。上位30社はすべて道内業者となっている。
(DOTSU-NET NEWS 2021/07/30付)