トップページ > DOTSU-NET NEWS一覧 > DOTSU-NET NEWS詳細

8分野1兆6073億/橋梁60年間で9000億必要/維持管理等経費見込額 ー 道建設部

 道建設部は、所管する施設の中長期的な維持管理・更新等の経費見込額をまとめた。個別施設計画の策定・改定を踏まえ、2020年度末時点の見通しを整理したもの。道路や河川など8分野の合計額は1兆6073億円。橋梁が60年間で9000億円、道営住宅が10年間で783億円などと試算している。

 道建設部は、北海道インフラ長寿命化計画(行動計画)に基づき、個別施設計画を策定。対象は、道路、河川、治水ダム、砂防など8分野となっている。
 管理施設の適切な維持管理・更新等に向けては、所管する個別施設計画について一体的な推進管理を実施。トータルコストの縮減や年度事業費の平準化を図るため算出した建設部全体の経費見込額に関しても、事業進捗状況や個別施設計画の改定などを踏まえ、定期的に整理を行っている。
 20年度末時点の状況をみると、道路や河川など8分野の合計額は1兆6073億円。橋梁が12年度から60年間で9000億円、道営住宅が21年度から10年間で783億円、舗装が18年度から15年間で701億円などとなっている。

 中長期的な維持管理・更新等の経費の見込額はつぎのとおり。
【交通】
▼道路
▽橋梁=9000億円―12年度から60年間の経費
▽トンネル=224億円―18年度から75年間の経費
▽シェッド・シェルター=245億円―18年度から60年間の経費
▽大型カルバート=95億円―18年度から75年間の経費
▽横断歩道橋=8億円―18年度から45年間の経費
▽門型標識等=9億円―18年度から45年間の経費
▽舗装=701億円―18年度から15年間の経費
▽道路付属物=632億円―18年度から45年間の経費
【上下水道等】
▼下水道
▽終末処理場・中継ポンプ場=1329億円―20年度から50年間の経費
▽管路等=1218億円―20年度から100年間の経費
【公園等】
▼都市公園
▽園路広場、修景施設、休養施設、遊戯施設等=157億円―14年度から20年間の経費
【治水】
▼河川
▽堰、樋門、水門、排水機場=270億円―17年度から40年間の経費
▽小規模な樋門・樋管=300億円―14年度から85年間の経費
▼治水ダム
▽ダム=250億円―18年度から30年間の経費
▼砂防
▽砂防設備、地すべり防止施設、急傾斜地崩壊防止施設、雪崩防止施設=605億円―19年度から90年間の経費
▼建設海岸
▽堤防、護岸、水門、陸閘=247億円―19年度から50年間の経費
【建築物等】
▽道営住宅=783億円―21年度から10年間の経費
(DOTSU-NET NEWS 2021/08/23付)