トップページ > DOTSU-NET NEWS一覧 > DOTSU-NET NEWS詳細

実施率 全庁で71.2%/8月30日~9月10日期間/道 新型コロナ踏まえた出勤抑制

 道は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を踏まえた出勤抑制等の取組実績をまとめた。まん延防止等重点措置・緊急事態措置発令期間中の状況を集計したもの。出勤抑制等の実施率は、これまで6割程度で推移してきたが、8月30日から9月10日までの期間は全庁で71.2%にのぼった。今後も行政機能に支障のない範囲で取組を実施し、感染リスクの低減を図っていく。
 道は、感染症の収束および道内経済の回復に向け、最大限の取組を進めることが重要と認識。各事業者に対しては、国が定める基本的対処方針を踏まえ、出勤者数の7割削減を目指すよう要請している。
 道においても、職員の健康の保持や人の流れの抑制を図る観点から、出勤抑制と分散出勤を実施。出勤抑制については、テレワーク(在宅勤務、サテライト勤務、モバイルワーク)、休暇、土日に勤務し平日を休みとする「ローテーション勤務」、庁舎内のスペースを活用した分散勤務などの取組を対象としている。
 まん延防止等重点措置・緊急事態措置発令期間中の取組実績をみると、5月17日から7月9日までの期間が63.5%、8月2日から8月13日までが62.6%、8月16日から8月27日までが64.7%。8月30日から9月10日までの実施率は71.2%で、目標とする7割削減を実現した。
 道は、引き続き行政機能に支障のない範囲で取組を徹底。通勤時や執務室内における人と人との接触機会を減らし、感染リスクの低減を図っていく。
(DOTSU-NET NEWS 2021/09/28付)